マウスピース矯正ガイド

マウスピース矯正のメリット・デメリット

従来のワイヤー型の矯正装置では歯に装置を固定してしまうため、歯科医院に通院しなければ装置の調整ができなかったのですが、マウスピース矯正はマウスピース型の矯正装置を自分で簡単に取り外すことができるため、最近は人気の治療法となっています。しかし、良いことばかりではありませんので、そのメリット・デメリットを理解しておくことが大切です。

<マウスピース矯正のメリット>

  • 装置の取り外しができる
  • 装置が目立たない
  • 装着時の違和感が少ない
  • 矯正時の痛みが少ない
  • 金属アレルギーでもOK
  • 通院回数が少なくて済む

<マウスピース矯正のデメリット>

  • 比較的治療費が高い
  • 毎日長時間の装着が必要
  • 症状によっては治療が難しい場合がある

なお、治療期間については、症状にもよりますが、マウスピース矯正もワイヤー矯正も大幅な違いはない場合が多いです。

先ほど、マウスピース矯正のメリットとして装置の取り外しが簡単だと述べましたが、患者さんのライフスタイルによっては合わない場合があります。例えば、友人知人と会食が多い方です。食事の時はマウスピースを取り外すため、食事の時間が長くなれば、その時間は装置を装着することができなくなります。装着時間が短くなってしまうと、治療計画通りに治療が進まなくなってしまいますので、ご自身のライフスタイルを検討した上で矯正治療法を選択する必要があります。

マウスピース矯正体験談

ページのトップへ戻る