マウスピース矯正ガイド

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、マウスピースの形をした装置を使って歯の矯正を治療する方法です。患者さんの歯に合わせた透明のマウスピースを作り、毎日装着することで少しずつ歯を移動させて歯並びを整えます。

以前のマウスピース矯正では、歯並びの症状によっては治療が難しいケースが多かったのですが、昨今では治療例が増えたこともあり、難症例でも治療ができるようになってきています。

また、その特徴は、いつでも取り外すことができる矯正装置であるという点があります。矯正装置をいつでも取り外すことができるということは、食事も普段と変わらずにすることができるということです。また歯磨きも、従来のワイヤー矯正では、装置が取れないようにすることと、装置と歯が付いていますので、歯磨きしにくいということがありましたが、マウスピース矯正の場合は装置を取り外すことで、通常通りに歯磨きすることができますので、虫歯や歯周病にもなりにくいことにもつながります。

さらに、マウスピースが透明に近いために矯正していることが気付かれにくいという特徴もあります。従来のメタル装置による矯正では、装置が目立ちすぎて人前に出にくいということもあり、目立たない矯正、見えにくい矯正が人気になってきています。目立たない矯正法としては、透明や白いワイヤー&ブラケットを使用する審美装置や歯の裏側に装置を付ける裏側矯正の他に、このマウスピース矯正も含まれるようになり、症状やライフスタイルなどに合わせて選択できるようになってきています。

INFORMATION

2016-03-10
サイトを開設しました。

マウスピース矯正をするには

最近は多くの歯科医院で、マウスピース矯正の治療を受けることが可能となっています。多くの歯科医院で治療を受けられるというのは一見いいことのように思えるのですが、現状はそうでもありません。なぜならば、マウスピースによる歯列矯正は、元々のワイヤーによる矯正法のように技術、知識、経験がない歯科医師でも治療をすることができてしまうからです。

担当歯科医に元来の矯正方法の経験がないと、マウスピース矯正で理想の歯並びにならなかったときにフォローすることができません。ですので、マウスピース矯正で歯科医を選ぶ際は、担当医の矯正経験を見極める必要があります。

マウスピース矯正体験談

ページのトップへ戻る